プロフィール

★ Roberatsuと申します ★


↓Fromジーノ様 ありがとう↓
Roberatsu × 777town
相互リンク随時、募集中です。
お気軽にコメント欄より
お願いします^^ノ


ブログ内で使用している
777town関連の画像の著作権に
つきましては開発元である
SammyNetworks社に
帰属致します。


総アクセス数


逆アクセスランキング


ブログランキング

777タウン・攻略ブログ


ポチポチっとおねげーします。


名プレイヤー名鑑

歯科医院向けの開業税理士

最新記事


最新コメント


カテゴリ


過去記事


RSSリンクの表示


Powered by Ayapon RSS! オススメ 優しいお葬式 スチームモップ

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
いよいよ、明日は

2014年ブラジルワールドカップ最終予選のイラク戦。

巷では、不安な要素がたくさんあり

いろいろいわれていますが

うち個人の見解としては

普通のパフォーマンスができれば問題ないのではないかと思っています。

ちなみによくいわれている不安要素は

・監督がジーコ氏
・ディフェンスラインのレギュラー格が出場停止
・海外組のコンディション
・対イラクの過去のデータ

などなど・・・



挙げれば、まだまだあるとは思いますが

それ以上にザックJAPANの完成度は

不安要素を上回る実力を持っていると思ってます。


当然、中心は

本田選手、香川選手ということになるのですが

香川 本田 

チーム全体としても

こんなバランスのとれたチームはアジアにおいて見当たりませんw


イラク戦のうちの予想フォーメーションは

ザックジャパン 

ほぼ不動のスターター以外でいえば

センターバックは伊野波選手

ここ最近のゲームでは少々安定感にかけるパフォーマンスとはいえ

フィード能力、戦術理解度などを考えれば

他選手との差は明らかではないかと。



右サイドバックは酒井高選手

筆頭の酒井宏選手が負傷離脱とあっての選出。

絶好調の駒野選手と非常に迷うところではありますが

長友選手も怪我明けとあって

左右どちらでも高水準でこなすバックアッパーの意味あいで。



右サイドハーフは清武選手

はっきりいって現在のコンディションは全選手中最強。

やることすべてが、うまくいく様な気がします。


こんなところでしょうかww


香川選手のトップ下などもよく言われることではありますが

うち的には

トップ下は絶対に本田選手。

このことに関しては語ると長くなるので省略ですが

簡単にいえばドルトムント、マンUと日本代表は

すべてが違うということ。

見てはみたいですけどね・・・w



いろいろ書いてきましたが

明日の試合は強いザックジャパンが見れればと思います。

こんなとこで負けてたまるかいww


☆roberatsu☆
スポンサーサイト
 
本日は、昨日のヤングなでしこのお話。

なでしこ 

ドイツとのセミ ファイナルとなったわけですが

結果は何となんとの

0-3での敗戦・・・

正直、この結果はびっくりでした・・・orz

観客動員は今大会通して1番の入りだったわけでして

沢山の方々が優勝を期待していたことと思います。


3失点に関しては

時間帯、やられ方と共に最悪な形となってしまい

ドイツとしても

狙ってた形の得点ではなかったのではと

うちは思います。

しかし、そういった部分で確実に得点に繋げることこそが

ワールドスタンダード!!

優勝するには必要な要素と改めて痛感しました。。


ただし、フィジカル的な差はあるとはいえ

結果以上に

個々のポテンシャルに差はなく

やり方次第では十分、逆の展開もありえたと思います。



差が顕著に現れていたなぁと思う部分は

やはり攻守共に組織だった部分かなと・・・。

チームコンセプトとして

個の力を引き出す指導法でここまでやってきてるのは承知の上ですが

優勝となると

やっぱ個の力、組織力を兼ね備えるチームなのかなぁ・・・

少々厳しいことを言うならば

特に気になった部分は

・攻撃面ではバリエーションの少ないドリブルの連発。

・守備面ではセットプレー時のマークのつき方、受け渡し方。



この2点に関しては、ドイツ戦のみに限られたことではなく

大会通じて何度も見られたところ。

攻撃面のドリブルに関しては

中央へのカットインが多く周りのサポートも少ないとあって

回数を重ねると相手も守りやすそうに感じました。


守備面のマークに関しては

正直、どの試合でも不安定部分が確認されてまして・・・

おそらくゾーンで相手を見てると思うのですが

非常に甘かったと感じました。



いろいろ書きましたが

ホントすばらしいメンバーが多いヤングなでしこ・・・

見てて、楽しすぎというのが率直な気持ちでありましてwww

ヤングなでしこ

どういう形で

なでしこJAPANと融合するのか・・・



ドイツ戦、田中陽子選手、もう少しいてほしかった・・・

いなくなってしまった後の

セットプレーくる度になんで?何で?って思ってましたw ボソ・・・


☆roberatsu☆
 
欧州のサッカーシーズンも始まりまして

ドイツ ブンデスリーガを中心に多くの日本人の

活躍に期待がかかるわけですww



そんな欧州の移籍市場は8月31日で閉幕。

トルコ、ロシア辺りは確か5日くらいまでだったかな・・・

そんな俗にいうデッドラインデイですが

やはり、今回もビッグな駆け込み移籍がありましたねーww

前回のデッドラインデイでは

日本代表 MF本田圭祐のラツィオ移籍が騒がれたわけですが

ホント早いもんですねーw



さて

ざっと、ビッグディールをご紹介。

・デンプシー(フルハム) → トッテナム

・エッシェン(チェルシー) → R・マドリー

・ロリス(リヨン) → トッテナム

・マイコン(インテル) → マンチェスター・C

・ベルバトフ(マンチェスター・U) → フルハム

・V・デルファールト(トッテナム) → ハンブルガー・SV


駆け込みという部分で考えればこんなとこでしょうか・・・


うち的には

やはりエッシェンでしょうかw

元々チェルシー移籍の際もそうなんですが

恩師であるモウリーニョ監督から

猛アタック受けての移籍だったわけで

今回も自分の年俸も確認することなくサインに至ったとのことですよww


しかしながら

上記の移籍は極々一部なわけでして

ベルバトフ移籍のトラブルを中心に

いろんことがありました。

やっぱ、サッカーファンにはタマンナイ一日となりましたww


そうそう・・・

これでデル・ピエーロの欧州での姿は見れないことがほぼ確定・・・(まだわかんないけど)

デルピエロ 

シドニーFCが獲得を発表するも正式契約には至ってない様子で・・・

若干グダグダ感はありますが

うち的に

プレイもそうなんですが人間的にもフルリスペクトしてる方なので

是非、納得できる場所を選んでほしいですね。

ホントは欧州トップリーグで見たかった・・・ww


まだまだ、ロシアリーグ ゼニトの

ポルトFWフッキの入団の噂などあと2日は見逃せないわけですが

とても楽しいデッドラインデイとなりましたww


☆roberatsu☆
 
昨日のヤングなでしこのお話。



U20ワールドカップ予選リーグ1位をかけた

スイス戦が行われました。

なでしこ 

結果は4-0での勝利を飾り、見事1位通過を決めてくれましたw

スイスは今大会の敗退が決まっているチームとはいえ

良い試合が展開できたのではないでしょうか。

その中にあって、やはり昨日のゲームはこの選手。

なでしこ4 

田中陽子選手

左右両足でのフリーキックでの得点すごすぎるww


しかし、それ以上に

プレイ全体がすばらしかったですよね。

先日、中盤の構成について書いたわけですが

昨日のスイス戦は

キャプテンの藤田選手が体調不良ということもあって

うちが最も好む中盤の構成でスタート。

トップ下 柴田選手 ダブルボランチ 田中陽子選手 猶本選手


いやー、改めてこの布陣がサイコーかとw

残念ながら柴田選手は得点できなかったですが

小気味良い動きで相手をかく乱して、多くの決定的シーンを生み出しました。

あとは

田中陽子選手が後半途中に交代してからは

うち的には別なチームのようでした・・・

是非、次の韓国戦もこの組み合わせに期待したいですね。


このコンペティションでの最高位はベスト8

ホームという後押しもあるので

最高位を更新すると共に優勝を期待したいと思います。


☆roberatsu☆
 
本日はサッカーのお話。

U20女子ワールドカップ
なでしこ

ヤングなでしこの第2戦ニュージーランド戦です。

結果は2-2のドローということになりました。


正直、相手のコンディションを考えると

0-2からのドローの結果とあってよかったわけですが

勝つべきゲームだったと思うだけに悔しいですねぇ。。


このゲーム最大のポイントは

柴田選手の起用だったのではないでしょうか。

なでしこ3 

後半途中からの起用でトップ下に入りました。

ボランチの藤田選手との交代になり

それまで、トップ下の田中陽子選手がボランチ下がる形になりました。

すると・・・

前線で動きながらボールを引き出す動きがすばらしく

それまでサイドからサイドと停滞していた攻撃に

中央を経由してからサイドという展開が生まれ

良いリズムを築き上げてくれたと思います。

さながら、香川真司選手とダブルいい動きだったと思います。

そして

ボランチに下がった田中陽子選手のボールの散らし方も良かった。



まだ2戦しか見てないのであくまで、うちの感覚ではありますが

藤田選手が悪いというわけではないのですが

トップ下 柴田選手

ダブルボランチ 猶本選手 田中陽子選手

の中盤中央の構成がもっともスペクタクルに思いました。

3戦目は先発からこの3人が見てみたいですねww


最後にですが

猶本選手の視野の広さはすごかった・・・

このゲームでも何気ないパスでよく見えてるなぁと

思うパスが何本もありましたよw


☆roberatsu☆

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。